どうしたら店舗開業で成功できるか

これから何らかの店舗開業するときには、どのようにしたら成功できるかを思い描く必要があります。ただ、現実的にはお店を出せば必ず黒字になるほどお客さんが来てくれるかというとそうではありません。そこにはしっかりとした経験が必要になります。
経験が少ない人は成功できないかというとそうではありません。店舗を開業するときに多くの人はいきなり規模を聞くしてしまいがちです。ですが、できるだけ小さいところから始めた方が良いでしょう。規模が大きければ、そこにお金がかかってしまいます。特に開業した当時は資金が重要になります。
この場合、うまくいけば問題ありませんが、未経験者の場合には必ず紆余曲折が伴います。そこで、初期費用を減らして毎月の負担を小さくすることで、安定した経営をすることにつながります。

開業するにはどれくらいのお金がかかるか

お店などを店舗開業をする場合、事前にどれだけのお金がかかるかを知っておく必要があります。例えばある程度規模の小さいラーメン屋の場合は、フランチャイズであれば1,000万円以上はかかることも珍しくありません。有名なフランチャイズ店であればその2倍から3倍ぐらいかかることもあります。そのかわり、名前が知れ渡っているため初期の頃は特に経営は順調になるでしょう。
一方で、フランチャイズに加盟せず独立開業する場合は、加盟店に払うお金がない分安くなります。様々な費用を含めても300万円から500万円位で開業することができるでしょう。ただし、名前が知れ渡っていない分、経営し始めた最初の頃はそれほどお客さんが来ない可能性もあります。どちらを選んでも努力次第で店を大きくすることが可能です。では、あまりお金がない人はどうしたらよいでしょうか。

お金はできるだけ借金をせずに用意する

お金は、借金をせずに開業するのが理想になります。店舗開業をする場合にはどれだけ安く見積もっても100万円単位のお金が必要になるでしょう。この時に大事なのは、毎月のランニングコストをできるだけ減らす事ですが、そこに毎月の賃料以外にローンの返済が加われば初期の段階ではかなり厳しいことになります。
確かに借金をして経営している人が多いと思うかもしれませんが、借金をしなければ経営できないわけではありません。フランチャイズでなければ、初期費用は3年から4年ぐらい頑張れば貯める事はできるお金になります。
そのように考えるならば、急いでお店を開業するのではなく、じっくりお金を貯めてから開業してみても遅くないでしょう。今すぐ開業したいと言う場合は、居抜き物件を利用する方法もあります。居抜き物件であれば設備等新しくありませんが、少額で経営を始めることが可能になります。