これから店舗開業する上で大事なこと

将来的に店舗開業する意思があるならば、まず最初に行うことは店舗を開業すると決めることです。積極的に行動できる人であれば開業準備やそれほど難しくないかもしれません。ですが、通常は準備だけでかなり負担がかかりますので、中途半端な意思で行うと途中で挫折する可能性が高いです。自分の気持ちを整理するという意味でも、開業することを強く意識する必要があります。
次に必要なのは資金をためることです。お店を開くためには、ただではできません。仮にテナントを借りず自宅で行うとしても看板の設置やチラシの配布、リフォーム代など様々なことでお金がかかってしまいます。現在すでに十分なお金を持っていれば別ですが、これからお店を始めたい人の多くは開業できるだけのお金を十分に持っていない可能性の方が高いはずです。

お金を借りる場合に気をつけるべきこととは

お金を借りる場合は、できれば利子がほとんどない親や知人などから借り入れをする必要があります。これは短期的にみるとそれほど大きな違いはありませんが、長期的に見た時に返済額に大きな差が出てしまうからです。
具体的には、店舗開業をする場合フランチャイズであれば2000万円以上かかることも多くなります。一方で、個人でお店を開く場合も1000万円前後はかかることが多いです。仮に1000万円を年利5パーセントで借りた場合は1年後1050万円を返済してなければなりません。実に年利だけでも50万円になってしまうでしょう。
身内以外から負担がないかたちでお金を借りる場合は、国の機関から借りる方法があります。この時に注意をしたいのは、仕事を辞めないことです。仕事を辞めてしまうと審査に通らない可能性があるからです。

お店の方向性を明確にするために必要なこと

資金を集めることができそうであれば、いよいよ店舗開業に向けて半分以上は仕事が終わったようなものです。ですが重要な仕事はまだ残されています。その一つがお店の方向性を決めることです。好景気だったころの日本のように、お店さえ出せば売れるという時代ではありません。
ほかのお店がどのように違うか、どういった個性があるか、値段はどれぐらいか、場所はどうするかといったことを詳細に決めていく必要があります。これは簡単なようでかなり時間がかかります。できれば開業半年以上前から少しずつ構想を練っておいてもよいかもしれません。
数多くの本を読んだりインターネットで調べ物をして情報を手に入れますが、一度に多くの情報を手に入れると混乱してしまいます。これを防ぐためにノートを一冊用意し、気になったことや気づいたことを書き出すことで頭の中を整理してきます。