店舗開業するときに必要になる知識

飲食店の店舗開業するためには、まずお金をためなければなりません。フランチャイズの場合であればフランチャイザーに払う料金がありますので2000万円から3000万円のお金を必要とします。その代り看板やレイアウトなどは自分で考えて用意する必要はなく、フランチャイズの本部の人と話し合って進めていきます。そういう意味では非常に楽です。
また開業する場合は、コンサルタントのような形で様々なアドバイスをくれるため、迷った時には本部が非常にありがたい存在になるでしょう。
これに対して、個人で開業する場合は最低でも1000万円は必要になります。そのお金の多くは賃料や運転資金です。最低限それだけのお金があれば開業してすぐに利益にならなくても持ちこたえることができるでしょう。

お店を開業するに当たり事前調査は重要

店舗開業する場合、場所と商品のアイデアなどが重要になりますが、この二つはお店を開く前にある程度形をつくっておかなければなりません。このうち重要になるのはお店を開く場所です。商品のアイデアやブランディングはお店を開いた後でも変更することができますが、場所だけは簡単に変えることはできません。
もちろん絶対に変えることができないわけではありませんが、テナントを借りる時にに払う費用や退去するときに払う費用などを合わせるとかなりの損失になることは避けることができません。金銭的な余裕があれば別ですが、そうでなければ場所はかなり時間をかけて考えなければならないでしょう。
場所を探す場合は、人通りの多い所を選ぶ必要があります。また、近くにライバル店がないことも重要です。

価格やチラシも事前に用意することが大事

場所がある程度見つかれば、店舗開業の準備をすると同時に、商品のアイデアを考える必要があります。また、どのようなサービスをするか、どのようにブランディング化していくかが重要になります。
料金設定も重要です。安い料金設定であればたくさんのお客さんがくる可能性はありますが、仕事量に対して収入が低くなるでしょう。一方高めに料金設定をしておくならば、お客さんがなかなか来ないかもしれません。この場合にはブランディングをすることが重要です。
店舗の開業に合わせて、チラシをまく量やどのくらいの間隔で撒くか考えておきましょう。チラシはお店を開く3カ月ぐらい前からデザインなどを決めておかなければいけません。そこからチラシの業者とやりとりがあり、実際に完成するまで2カ月から3カ月ぐらいかかる可能性があるからです。