店舗開業をする際には市場調査や開業時の想定を行う

いつかは自分の店を持ちたいと考えている方は、店舗開業までにありとあらゆる市場調査を入念に行うようにしましょう。当然のことではありますが、同業他社が切磋琢磨している地域に新店をオープンさせ、経営を軌道に乗せることは至難の業です。特に店舗経営の経験がない方にとっては、既に市場を開拓された土地で先行するライバルからお客様に振り向いてもらうのは大変です。何か他店にはないオリジナルのメニューでよほど自信がない限りは、競合他社が進出していない地域に的を絞って店舗候補地を探す方が得策でしょう。また、候補地の人口密集度や、顧客対象になる年齢年齢層が十分に住んでいる地域かどうかなど、地域住民の年齢層なども事前に調べておくようにしましょう。事前調査がきちんとできているかどうかで、開業後起動に乗れるかどうかが変わってきます。

飲食店にするか、物販店にするか、自分の強みを考える

店舗開業時に飲食店にするか、物販店にするかは選択として大きな分岐点になります。自分の強みが何であるのかよく考えるようにしましょう。特に物販店に関しては今でインターネット通販で実際の店舗を持たずとも開業している店舗は多く、お客様の立場からしても、欲しい物がネット経由でほぼ購入出来てしまう時代です。よほど他にないコネクションがあり、他店が仕入れることが出来ないアイテムを強いれることが出来たり、専門店として他店がマネ出来ないノウハウがあるなどの場合でない限り、新規参入は厳しいと言えます。飲食店に関しては、このお店でしか食べることが出来ないメニューがあると、今の時代魅力的なメニューはSNSなどを通じて拡散されますし、固定客がつくので比較的新規参入がしやすいでしょう。

開業時の支出を想定しながら店舗開業資金を用意する

飲食店にするにせよ、物販店にするにせよ、どちらにしても開業資金は必要になってきます。お店を借りる賃貸物件の敷金や礼金、店舗の内装費や、物販の場合は仕入れにかかるお金が、飲食店であれば食材や食器など用意しなければならない物も多くあります。レジなどの備品も購入する必要がありますし、アルバイトを雇用すると人件費は開業したその日から発生します。しかし、開業初日からすぐにお客様に来ていただき、満員御礼のように大盛況という訳にはなかなかいかないかもしれません。固定客がつき、コンスタンスに来客が来るまでの間は開業資金を切り崩す日々が続くかもしれません。開業時には色々な事態を想定しなければなりませんので、開業資金は多く準備出来ればそれに越したことはないでしょう。

セール商品でおなじみのワゴン什器の種類も豊富に取り揃えております。 ネストテーブルは2台組み合わせてお使いいただくと便利です。 ネット什器のサイズは幅広く取り揃えております。 壁面用フィッティングルームは取り付けも簡単でおすすめです。 組み合わせ次第で円にも半円にもなる自由なステージは各色取り揃えております。 ショーケースはアルミ素材から木製まで取り扱っております。 店舗開業・運営用品のことならストア・エキスプレス